Privacy Policy | Site Map
 
 
 
     
 
     
 
 
 
 
  Maintenance
家具のお手入れ方法
  木材は、家具になっても呼吸をしています。雨の日は湿気を吸い「膨張」し、 晴れの日には湿気を吐き出し「収縮」します。
同じ室内でも、風通しの良い面は収縮し、反対に風通しの悪い面は膨張し、わずかながら木は動いています。
これを長い年月繰り返し、普段のちょっとしたお手入れで、家具の風合いと木材の質が増しり続けます。

家具の呼吸や空調による過度な乾燥等により、まれに木部の割れ、組み手の外れ等がございます。
その場合は、修理が必要となります。使用を中止し、ご連絡頂けますようお願いいたします。
  ネジ部 1 全てのネジ・ボルト、棚受金具類のゆるみがないかを点検し、
ゆるみが発見されたら、「しっかり」と締めなおしてください。
       
  設置場所


2


3


4
直射日光や熱、冷暖房の風が「直接」当たらないようにしてください。
急激な温度変化や紫外線は、家具の変色や変質の原因となります。

水平を保つように設置してください。特に畳や絨毯のような柔らかい床の上では、
タンスやチェスト等は、薄いベニヤなどを敷くと安定します。

壁面、家具同士を少し離して設置すると、湿気がこもりにくく、
掃除機の先も入りやすくなります。

地震等で倒れ、思わぬケガをすることがあるので、壁・床・天井などに固定用金具などで
しっかりと固定してください。

欧米で、日本のほど南向きの建物や窓が重要視されない理由には、
大切な家具や絨毯、絵画や銀製品等が日光で痛む事が上げられます。

昔の日本家屋は、障子で室内への直射日光を避け、風通しも良く、
内と外の温度/湿度に極端な差がありませんでした。
現代では、機密性も上がり、冷暖房による昼夜の温度/湿度の差が大きく、
南向きが好まれるようになり、家具や本、革製品やプラスチック等、
日光により様々な物が傷みやすくなっています。
       
  木製品   ウレタン塗装ウレタン仕上げの製品
簡単な汚れは、水を含ませ、固く絞ったやわらかい布で拭き取ってください。
汚れがひどい場合は、薄めた中性洗剤を浸した布で落とし、よく絞った布で中性洗剤を拭き取り、
やさしく、5回、10回と繰り返すのがコツです。最後に必ず乾拭きを行ってください。

それでも取れない汚れは、極少量のトリオール、ソルベックスで、
「見えない場所で試し」やさしく拭き、水拭きし、乾拭きをしてください。
*シンナー・ベンジン・磨き粉・メラニンスポンジ等は使用しないでください。

ウレタン塗装ラッカー仕上げの製品
簡単な汚れは、水を含ませ、固く絞ったやわらかい布で拭き取ってください。

汚れがひどい場合は、薄めた中性洗剤を浸した布で落とし、よく絞った布で中性洗剤を拭き取り、
最後に乾いた布で拭いてください。やさしく、何回かを繰り返すのがコツです。
*トリオール・ソルベックス・シンナー・ベンジン等の溶剤、
磨き粉・メラニンスポンジ等は使用しないでください。

オイル塗装仕上げの製品
簡単な汚れは、水を含ませ、固く絞ったやわらかい布で拭き取ってください。
5回10回と繰り返すのがコツです。

汚れがひどい場合は、薄めた中性洗剤を浸した布で落とし、
さらに、よく絞った布で中性洗剤を水拭きし、乾拭きをしてください、

さらにひどい場合は、400番〜800番のサンドペーパーで軽く汚れを削り落とし、
最後に全体にオイルを塗りこみ、乾いた布で拭き取り、 しっかりと乾燥させてください。
一部分だけにペーパーをかけ過ぎると、一部分だけがキレイになりすぎますので、
まんべんなく、少しずつペーパーをかけてください。
心配な方はサンドペーパーの細かい方から使用してみてください。

耐水ペーパーであれば、オイル砥ぎも可能です。オイル砥ぎの後は、
乾いた布でしっかり拭取ってください。
定期的なオイルの塗装により、木材の味わいの増してきます。
お好みで年に1〜2回、毎月行っても構いません。
*シンナー・ベンジン・磨き粉・メラニンスポンジ等は使用しないでください。
       
  革皮部 1



2






3
日常のお手入れは、柔らかく乾いた布で軽く拭いてください。
年に1〜2回、市販のレザークリーンで磨いて、十分乾燥させてから、
ウール生地など柔らかい素材で拭いてください。

汚れがひどい場合は、目立たない場所で試してから、薄めた中性洗剤を浸した布で落とし、
よく絞った布で中性洗剤を拭き取り、最後に乾いた布で拭いてください。
この場合、しみ等を防ぐ為、汚れた部分だけでなく、周囲もまんべんなく拭いてください。

目立たない場所で試し、染みる革皮では避けてください。市販のクリーナーを使う場合も、
目立たぬ場所で試す事をお勧めします。

整髪剤や化粧品等も革を傷めますので、丁寧に拭き取ってください。
長期間、革の上に物を重ねたままにしないでください。変色、変形の原因となります。
*シンナー・ベンジン・磨き粉・メラニンスポンジ等は使用しないでください。

       
  布地部 1

2
日常のお手入れは、ブラッシングや掃除機で織目のホコリなどを取り除いてください。

コーヒーなどの汚れは、薄めた中性洗剤を浸した布をしっかり絞り、
表面をたたくようにして拭き取ります。最後に乾いた布でたたくように拭き取り乾燥させてください。
この場合、しみ等を防ぐ為、汚れた部分だけでなく、周囲もまんべんなく拭いてください。
きれいな布に取替え、同じことを5〜10回繰り返すのがコツです。
*シンナー・ベンジン・磨き粉・メラニンスポンジ等は使用しないでください。
       
  合皮革部 1



2
簡単な汚れは、水を含ませ、固く絞ったやわらかい布で拭き取ってください。
汚れがひどい場合は、薄めた中性洗剤を浸した布で落とし、よく絞った布で中性洗剤を拭き取り、
最後に乾いた布で拭いてください。

長期間、革の上に物を重ねたままにしないでください。変色、変形の原因となります。
*シンナー・ベンジン・磨き粉・メラニンスポンジ等は使用しないでください。

       
  使用上の注意 1


2
家具の上で飛んだり、踏み台の代わりに使ったり、腰をかけたり、
使用目的以外での使用は行わない下さい。

匂いや溶剤・接着剤(ホルムアルデヒド含)が残っている場合は、
家具の扉、引出し等を全て開放し、数日〜数週間の日中に窓を開け、
十分な換気を行ってください。 長時間かけ徐々に揮発し無くなっていきます。
       
  木部のカビ   引出の中や、ベッドのスノコ、桐材にカビが発生した場合は、家庭用の漂白剤を薄め、雑巾で拭きとってください。さらにしっかりと絞った雑巾で水拭きを2〜3回を行い、乾いた雑巾で乾拭きを行った上、十分自然乾燥をさせてください。

特に寝室は、人の動きも少なく空気の対流が少ない場所となります。寝具を通し汗がスノコまで届き、カビが発生する場合があります。スノコにカビが生える場合、寝具にもカビが発生している可能性があります。寝具の天日乾しを十分に行い、室内の換気を十分に行ってください。

引出の内部のカビの場合も、家庭用の漂白剤を薄め、雑巾で拭きとり、しっかりと絞った雑巾で水拭きを2〜3回を行い、乾いた雑巾で乾拭きを行った上、十分自然乾燥をさせてください。 天気の良い日には、引出を開け、室内の換気を行ってください。衣類を詰めすぎている場合、湿気がこもります。ウォークインクローゼットの内部も同様で、時々開放することをお勧めいたします。

スノコ以外の木部にまでカビが発生する場合、室内全体が湿っています。床下や壁の内部、天井裏など、見えない部分でのカビの発生が十分に考えられます。換気を十分に行い除湿を行ってください。十分な換気をすることで建物全体でカビの軽減につながります。

桐材の変色については、過度な心配は必要ありません。
桐の箪笥のように、年月と共に徐々に色が濃くなっていきます。







 
  Copyright Imada & Company, Ltd. All right reserved.