ラッカー仕上げ
 

F☆☆☆☆の塗料

1:各部品の表面を研磨します。
2:コンディショナーを刷毛塗り後拭き取り、
  目止めをします。
3:ウレタンを吹付け、乾燥後に研磨をします。
4:その上からラッカーで塗装します。
5:家具を組み立てます。
6:塗装したラッカーを研磨します。
7:色バランス調整用のラッカーを吹付けます。
8:最終仕上げのラッカーを吹付けます

仕上げにラッカー使う理由は、ウレタン塗装に比べ、塗膜が薄いため、樹が持つ本来の味や感触を生かせるのが大きな理由です。

昔のアンティーク家具やギター、バイオリン等にラッカーが使われる理由は、木地本来の感触を生かし、風合いが増し、修理時の再塗装も行いやすい、という理由から今でもラッカーを使う工房がたくさんあります。

ウレタンより耐性が無い為、アルコールやシンナー、ベンジン、などは避けてください。度数の強いお酒も同様です(ウォッカやウイスキー等も放っておくと変色の原因になります)